いちばん大切な食べものの話 : どこで誰がどうやって作ってるか知ってる?

書誌事項

いちばん大切な食べものの話 : どこで誰がどうやって作ってるか知ってる?

小泉武夫, 井出留美著

(ちくまQブックス)

筑摩書房, 2022.11

タイトル読み

イチバン タイセツナ タベモノ ノ ハナシ : ドコ デ ダレ ガ ドウヤッテ ツクッテルカ シッテル

大学図書館所蔵 件 / 45

注記

次に読んでほしい本: p101-111

内容説明・目次

内容説明

私たちのからだは食べたものでできている。だけどその大切な食べもののことをずいぶんおろそかにしていない?まだ食べられるのに捨てられる食品、低い食料自給率、狭い場所に閉じ込められる家畜、栄養不足で育てられる野菜、価格優先の食品メーカー等々。今こそ日本の食を立て直そう!

目次

  • 第1章 とっても低い日本の食料自給率(食料自給率が低いと何が問題なのか;もし食料の輸入がストップしたら ほか)
  • 第2章 改革に成功した先人から学ぼう(食料自給率を改善した大統領、シャルル・ド・ゴール;学校給食を重視 ほか)
  • 第3章 ものの価値を知る(ニセモノのキムチ;食べものにも正義心を ほか)
  • 第4章 日本の食のために今すぐ取り組むべきこと(このままだと日本から食料がなくなる;農業の力が国の力を決める ほか)
  • 第5章 日本の伝統的な食生活を見直す(和食は最高の免疫食;江戸時代の超スタミナ食 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ