異貌の中世 : ヨーロッパの聖と俗

書誌事項

異貌の中世 : ヨーロッパの聖と俗

蔵持不三也著

弘文堂, 1986.12

タイトル読み

イボウ ノ チュウセイ : ヨーロッパ ノ セイ ト ゾク

大学図書館所蔵 件 / 127

内容説明・目次

内容説明

中世ヨーロッパの基底に存在した性・道化・祝祭・ユダヤ人・ペストなどを通して、権力としてのキリスト教と、したたかな民衆のエネルギーとのねじれた関わりをあぶり出し、キリスト教的・一元的ヨーロッパ社会の新たな一面を引き出す。

目次

  • 序章 シドッチの風景
  • 第1章 祝祭としての教会—笑いの図像学
  • 第2章 救いとしての教会—聖母信仰の社会史
  • 第3章 歴史としての教会—伝承の背景
  • 第4章 教会の力学—ペストを巡って
  • 終章 民衆文化とキリスト教の位相

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ