書誌事項

核兵器と人間

フリーマン・ダイソン著 ; 伏見康治 [ほか] 共訳

みすず書房, 1986.11

タイトル別名

Weapons and hope.

タイトル読み

カクヘイキ ト ニンゲン

電子リソースにアクセスする 全1

大学図書館所蔵 件 / 116

注記

Weapons and hope. の翻訳

巻末:文献と注

内容説明・目次

内容説明

数限りない戦争を経験してきた人類は、逆説的には、教訓を引き出すべき貴重な過去をもっているとも言える。核戦争の脅威を前にして、私たちは歴史から何が学べるか、何を学ぶべきか。アメリカの創造的な理論物理学者ダイソンは、人類の歴史の中からさまざまな寓話を拾い、その教訓に照らしつつ、核兵器に対する人類の対応を探る。SDI論議を一つの焦点として核兵器問題への関心が高まる中で、政治的に二分された議論をかみ合わせ、論争を実りあるものにするための示唆的な問題提起である。

目次

  • 第1部 設問(違った考えが出会うための準備;生存の可能性の問題)
  • 第2部 道具(軍備競争の矛盾;ダビデと巨人ゴリアテ;スター・ウォーズ)
  • 第3部 人々(科学者と詩人;学者軍人;将軍たち;外交家;平和主義者)
  • 第4部 考え(行き詰まることの重要性;考えを探る;確証破壊;核戦争を戦う;一方的軍縮)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN00835801
  • ISBN
    • 4622016397
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 438, 24p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ