書誌事項

ナポレオンの戴冠

ジョゼ・カバニス [著] ; 安斎和雄編訳

(ドキュメンタリー・フランス史)

白水社, 1987.2

タイトル別名

Le sacre de Napoléon

タイトル読み

ナポレオン ノ タイカン

大学図書館所蔵 件 / 113

注記

ナポレオン・ボナパルト関係年表: 巻末p1-4

原著 (Gallimard, 1970) の翻訳

内容説明・目次

内容説明

ジャコバン派を支持していた将軍ボナパルトは、軍事的天才として頭角を現わすや、たちまち政界に参入し、着々と玉座に到る道を進む。そしてついに、1804年12月2日、ノートルダム大聖堂で盛大な戴冠式を行ない帝位についた。彼はいかにして自らの神話を築き上げたのか。彼は取り巻く人々にいかなる反応を示し、いかなる証言を残したか。この大イベントの本質は何か。儀式はいかに準備され進行したか。そしてその行末は?

目次

  • 第1部 玉座のきざはし(ルイ・ダヴィッド;ジョゼフィーヌ;ジョゼフ・ジュベール)
  • 第2部 玉座(帝位)
  • 第3部 玉座と祭壇(ピウス7世;秘密結婚;聖職者たち;フーシェ;ゴヤ)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ