勝つためのゲームの理論 : 適応戦略とは何か

書誌事項

勝つためのゲームの理論 : 適応戦略とは何か

西山賢一著

(ブルーバックス, B-653)

講談社, 1986.7

タイトル読み

カツ タメノ ゲーム ノ リロン : テキオウ センリャク トワ ナニカ

電子リソースにアクセスする 全1

大学図書館所蔵 件 / 184

注記

参考文献: p193-198

内容説明・目次

内容説明

現代の複雑に変化する競争社会を勝ち抜き、生き残るためには、体力にもまして理論的な武装と戦略が必要になっている。ゲームの理論はまさにその要望に応えて登場したものだが、物事の推移を予想する手段として大きな力を発揮していることは論をまたない。とくに、ジレンマ状況を脱出するためにどのような戦略がより有効であるか、また、ゲームの理論には今どのような新しい動きが生じているのかなど、生態学の話題もからめて解説する。

目次

  • 序章 つき合い方の科学へ
  • 第1章 囚人のジレンマ
  • 第2章 しっぺ返し戦略の再発見
  • 第3章 社会のジレンマ
  • 第4章 四つのジレンマ状況
  • 第5章 何でも屋か専門家か
  • 第6章 文化的に安定な戦略
  • 終章 情報化時代とゲーム

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ