誰がモーセを殺したか : 現代文学理論におけるラビ的解釈の出現

書誌事項

誰がモーセを殺したか : 現代文学理論におけるラビ的解釈の出現

スーザン・A.ハンデルマン [著] ; 山形和美訳

(叢書・ウニベルシタス, [217])

法政大学出版局, 1987.10

タイトル別名

The slayers of Moses : the emergence of rabbinic interpretation in modern literary theory

タイトル読み

ダレ ガ モーセ オ コロシタカ : ゲンダイ ブンガク リロン ニオケル ラビテキ カイシャク ノ シュツゲン

大学図書館所蔵 件 / 171

注記

原著 (State University of New York Press, 1982) の全訳

参考文献: 巻末p34-44

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ