書誌事項

ワイマール文化

ピーター・ゲイ著 ; 亀嶋庸一訳

みすず書房, 1987.11

新版

タイトル別名

Weimar culture : the outsider as insider

タイトル読み

ワイマール ブンカ

大学図書館所蔵 件 / 174

注記

原著 (Harper & row, c1968) の全訳. 原注、写真の説明文を加えた新訳

文献解題: 巻末

内容説明・目次

内容説明

戦時下に圧伏されていた19世紀の精神はワイマール時代に総括され、再編成され、再生して新しい文明を形成した。それはバウハウスその他の芸術活動の現在への影響力からみて、何人も否定できないであろう。本書はワイマール文化に関する先駆的な研究であると同時に、ワイマール研究史上においても画期的な意義を有する研究である。

目次

  • 1 出生のトラウマ—ワイマールからワイマールへ
  • 2 理性の共同体—和解派と批判派
  • 3 秘密のドイツ—権力としての詩
  • 4 全体性への渇望—モダニティの試練
  • 5 息子の反逆—表現主義の時代
  • 6 父親の逆襲—客観主義の盛衰
  • 付録 ワイマール共和国政治小史

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ