書誌事項

とはずがたり

[久我雅忠女著] ; 次田香澄全訳注

(講談社学術文庫, [795, 796])

講談社, 1987.7-1987.8

タイトル別名

とはずがたり : 全訳注

タイトル読み

トワズガタリ

大学図書館所蔵 件 / 158

注記

上: 巻一・巻二 ; 年譜: p422-429

下: 巻三・巻四・巻五 ; 年譜: p454-471

シリーズ番号の記述はカバーによる

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784061587953

内容説明

鎌倉時代前期、武家階級に活力ある政権を奪われた京都では、古来の政治・経済の基盤を失いかけた貴族たちは退廃的な生活にひたっていた。この風潮の中で、家柄と容色と才智にめぐまれた、久我雅忠の女がその異常な生涯を自らの手で記したのが『とはずがたり』である。14歳の春、無理に後深草院の後宮にされて一皇子を生みながら、複数の男性とも愛欲の生活を続ける大胆・奔放な生き方、体験を露骨に記述する文学史上特異な作品。
巻冊次

下 ISBN 9784061587960

内容説明

後深草院の特異な愛情のもとに寵遇されながら、西園寺実兼・法助法親王らとの愛欲生活を綴った上巻から一転し、下巻は作者後半生の、女性として稀有な長途の旅を記す。宮廷生活に訣別して出家した作者二条は西行の修行を慕い、鎌倉をめざす東海道の旅を手始めに、信濃・奈良・伊勢・また中国路など、当時の貴族女性としては驚異的な規模で諸国を遍歴する。『蜻蛉日記』をしのぐ個性と凄絶な迫力あふれる、注目すべき女流文学作品。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01763557
  • ISBN
    • 4061587951
    • 406158796X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ