無機物だけで生きてゆける細菌

書誌事項

無機物だけで生きてゆける細菌

山中健生著

(未来の生物科学シリーズ / 大島泰郎 [ほか] 編集, 14)

共立出版, 1987.12

タイトル読み

ムキブツ ダケデ イキテユケル サイキン

大学図書館所蔵 件 / 152

内容説明・目次

内容説明

硝化細菌は、アンモニアや亜硝酸による汚染から地球をまもっている。江戸時代には黒色火薬の原料をつくるのに用いられた。イオウ酸化細菌は、暗黒の深海底で太陽光線のいらない動物の世界を支えているが、コンクリートを破壊する。鉄酸化細菌は、金属の製錬、ウラン鉱からのウランの回収、さらには硫化水素の処理などに利用されている。本書は、無機物だけで生きてゆける細菌、化学合成細菌の知られざる世界をわかりやすく解説する。

目次

  • 1 無機物だけで生きてゆける細菌のあらまし
  • 2 窒素化合物を食べる細菌
  • 3 イオウ化合物を食べる細菌
  • 4 鉄を食べる細菌
  • 5 メタンをつくる細菌

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02075968
  • ISBN
    • 4320053389
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 84p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ