書誌事項

正岡子規

久保田正文著

(人物叢書 / 日本歴史学会編集)

吉川弘文館, 1986.7

  • : 新装版

タイトル読み

マサオカ シキ

大学図書館所蔵 件 / 168

注記

正岡子規の肖像あり

年譜: p284-330

参考文献: p331-334

内容説明・目次

内容説明

正岡子規が明治文学界に大きな足跡を残したことはいうまでもないし、またその伝記も少くない。しかし著者はさらにここに1冊の伝記を送る。子規に傾倒し、子規の心情そのものに奥深く迫る著者は、全く新しい観点から、新しい子規伝のための条件を探り出して、周到にその生涯を追い、その文学理論と思想的動向とを鮮かに描き出した。

目次

  • 1 慶応3年9月17日
  • 2 遺制について
  • 3 松山の中学生
  • 4 山に雲あり—上京事情
  • 5 政治—哲学—文学
  • 6 東京の松山
  • 7 退学事情
  • 8 従軍記者
  • 9 病気について
  • 10 仁王の足
  • 11 宗教について
  • 12 御馳走主義
  • 13 月給40円
  • 14 ベースボール=野球
  • 15 周辺のひとびと
  • 16 俗縁絶了のこと
  • 17 文学者=正岡子規ノート

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 人物叢書

    日本歴史学会編集

    吉川弘文館 1985.6- 新装版

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02534930
  • ISBN
    • 4642050477
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    12, 334p, 図版 [2] p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ