ゲシュタルト心理学の原理

書誌事項

ゲシュタルト心理学の原理

クルト・コフカ [著] ; 鈴木正彌監訳

福村出版, 1988.10

タイトル別名

Principles of Gestalt psychology

タイトル読み

ゲシュタルト シンリガク ノ ゲンリ

大学図書館所蔵 件 / 228

注記

文献一覧: p793-808

Kurt Koffka主要著書・論文: p821-822

参考文献: p823-824

Kurt Koffka年表: p825-826

内容説明・目次

目次

  • なぜ、心理学なのか
  • 行動とその場—心理学の課題
  • 環境場(問題、間違った解決の論破、正しい解決の一般的公式化;視覚的体制化とその法則;図と地、枠組み;恒常性;3次元空間と運動)
  • 行為(反射、自我、執行;適応行動、態度、情動、および意志)
  • 記憶(痕跡理論の基礎、理論編;痕跡理論の基礎、実験編と理論の完成)
  • 学習と他の記憶機能
  • 社会とパーソナリティ
  • 結論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02654240
  • ISBN
    • 457121023X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 845p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ