書誌事項

甘さと権力 : 砂糖が語る近代史

シドニー・W・ミンツ著 ; 川北稔, 和田光弘訳

平凡社, 1988.12

タイトル別名

Sweetness and power : the place of sugar in modern history

タイトル読み

アマサ ト ケンリョク : サトウ ガ カタル キンダイシ

大学図書館所蔵 件 / 219

注記

参考文献: p421-434

内容説明・目次

目次

  • 第1章 食物・社会性・砂糖(主食=中心と薬味=周辺;ヒトは甘党か?)
  • 第2章 生産(砂糖はコーランに従う;新世界の先駆者スペイン;イギリスの「砂糖諸島」;早咲きの工業化—プランテーション;プランテーション・世界システム・資本主義;砂糖と自由貿易)
  • 第3章 消費(砂糖の用途;特権階級の香料;ステイタスの象徴;茶と砂糖;イギリス人の虫歯とアルコール)
  • 第4章 権力(消費の拡大と権力;砂糖をめぐる諸勢力;生活の変化、あるいは工業化)
  • 第5章 食べることと生きること

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ