図説・電流とはなにか : 電気の本質をさぐる

書誌事項

図説・電流とはなにか : 電気の本質をさぐる

後藤尚久著

(ブルーバックス, B-805)

講談社, 1989.12

タイトル読み

ズセツ デンリュウ トワ ナニカ : デンキ ノ ホンシツ オ サグル

大学図書館所蔵 件 / 157

注記

参考図書: p218

内容説明・目次

内容説明

電気の話の行きつくところは、いつも「電流とはなにか」です。電気と磁気に関する現象の根元には、電荷がありますが、モーターの回転や電磁波の発生などに直接結びついているのは電流です。そのため、キーポイントの〈電流〉を正確に理解することが重要。しかし、電流は目に見えません。そこで、電流のイメージを鮮明にするため多くの図を効果的に利用し、やさしくわかりやすく記述した。

目次

  • 電気の根源—電荷(電荷とはなにか;摩擦電気;クーロンの法則;万有引力とクーロン力;電気力線;電位の山;コンデンサ)
  • 電荷の移動—電流(電池;オームの法則;金属の抵抗;電流の種類;電流の意味するもの;電気回路;電気のエネルギー)
  • 磁石の本質—電流(磁石にはどのような力が働くか;電流と磁界の関係;電流の間に働く力;磁界の実例;磁界中を流れる電流に働く力)
  • 電気の発生—時間とともに変化する電流(電流の大きさが変化すると;磁界が変化すると;遠隔作用と近接作用;送電線のどこを電力は伝わるか;発電機が発生する電圧波形)
  • 身近な電流—交流電流(なぜ交流か;直流と交流;変圧器の働き;近接作用によってきまる送電線上の波形;波形は光速で伝わる;電磁波はどのように発生するか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04138537
  • ISBN
    • 4061328050
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    218, 3p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ