キリスト教と世界の宗教 ; 現代文明における宗教 ; イエス小伝 ; 終末論の変遷における神の国の理念

書誌事項

キリスト教と世界の宗教 ; 現代文明における宗教 ; イエス小伝 ; 終末論の変遷における神の国の理念

アルベルト・シュヴァイツァー著 ; 大島康正, 岸田晩節訳

(シュヴァイツァー著作集, 第8巻)

白水社, 1957.4

タイトル別名

Das Christentum und die Weltreligion

Religion in modern civilization

Das Messianitäts- und Leidensgeheimnis : eine Skizze des Lebens Jesus

Die Idee des Reiches Gottes im Verlaufe der Umbildung des eschatologischen Glaubens in den uneschatologischen

タイトル読み

キリストキョウ ト セカイ ノ シュウキョウ ; ゲンダイ ブンメイ ニオケル シュウキョウ ; イエス ショウデン ; シュウマツロン ノ ヘンセン ニオケル カミ ノ クニ ノ リネン

大学図書館所蔵 件 / 252

この図書・雑誌をさがす

注記

シュヴァイツァーの肖像あり

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04357756
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    gereng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    362p, 図版[2]p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ