書誌事項

遊行と巡礼

五来重著

(角川選書, 192)

角川書店, 1989.12

タイトル読み

ユギョウ ト ジュンレイ

大学図書館所蔵 件 / 80

内容説明・目次

内容説明

目的を定めない遊行も、巡路と目的がある巡礼も、歩くことにかわりない。「歩く宗教」こそ原始的な宗教の実践であり、洋の東西を問わず、多数の庶民が参加する、いわば教派・宗派のない宗教である。本書は「遊行と巡礼」の事例として、巫女の遊行、聖の回国、観音霊場の巡礼、四国の遍路、熊野詣などを取りあげ、「海の修験」など、実地踏査にもとづく多くの創見を展開、日本人の民族宗教の構造と内容をさぐる。

目次

  • 第1章 歩く宗教
  • 第2章 巡る宗教
  • 第3章 西国巡礼の成立
  • 第4章 四国遍路と辺路信仰
  • 第5章 紀伊の辺路と熊野詣

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04672571
  • ISBN
    • 4047031925
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    242p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ