南原繁対話民族と教育

書誌事項

南原繁対話民族と教育

南原繁著

東京大学出版会, 1966

タイトル別名

南原繁対話 : 民族と教育

タイトル読み

ナンバラ シゲル タイワ ミンゾク ト キョウイク

大学図書館所蔵 件 / 138

注記

対話者: 丸山真男ほか

内容説明・目次

内容説明

本書に収められている十篇の対話は、いずれも最近十年の間、さまざまの機会に試みられ、当時雑誌や新聞に登載されたものである。それらを通じて取り上げられているのは主として「民族」の問題である。それは単に自然的=地縁・血縁的な民族でなくして、新しいネーションとナショナリズムの理念である。その場合、決定的要因を成すものは、民族を形成する人間と文化理想である。民族の復興ないし再生は、ひとえに歴史とともに発展する自由の理念と、それを人間個性と文化の上に確立する教育の問題にかかっている。「対話」はこれらの問題をめぐって、多くのことが、その背景ないし前景として語られている。

目次

  • 戦後日本の精神革命—対話者・丸山真男
  • 「ナショナリズム」をめぐって—対話者・大塚久雄・福田歓一
  • 現代政治の背後にあるもの—対話者・パウル・ティーリッヒ
  • タゴールからネールへ—対話者・P・C・マハラノビス
  • 新しい中国と日本—対話者・郭沫若
  • ソヴェト・中国を旅して—対話者・大内兵衛
  • 戦後教育制度改革の意義—対話者・安藤良雄
  • 学問と政治—対話者・丸山真男
  • 思想・信仰・人生—三谷隆正をめぐって—対話者・熊野義孝
  • 教師の使命—対話者・伊藤昇

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04856836
  • ISBN
    • 4130030043
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 260p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ