民衆の大英帝国 : 近世イギリス社会とアメリカ移民

書誌事項

民衆の大英帝国 : 近世イギリス社会とアメリカ移民

川北稔著

岩波書店, 1990.9

タイトル読み

ミンシュウ ノ ダイエイ テイコク : キンセイ イギリス シャカイ ト アメリカ イミン

大学図書館所蔵 件 / 221

内容説明・目次

内容説明

17,18世紀、大西洋にかけられた移民のネットワーク。イギリス社会の工業化と世界帝国形成の因子を、民衆の交通の側面に探る「帝国」の社会史。落魄し年季奉公の契約をして海を渡った者、兵士、流刑者、新天地の土地を渇望する農民。植民地アメリカの基盤をつくった彼らの出自と足跡を、契約書、日誌、書簡などの記録から再構成する。

目次

  • 1 任意の年季奉公人—社会的出自(「乞食・売春婦・泥棒」から中産階級へ;イギリス社会の「縮図」;貧民社会の「縮図」)
  • 2 イギリス近世社会とサーヴァント(ライフサイクル・サーヴァント;サーヴァントの市)
  • 3 強制された年季奉公人移民(犯罪者移送;戦争と平和と犯罪と)
  • 4 海軍兵士リクルートの問題—「板子一枚の世界」(帝国形成の兵士たち;プレス・ギャング〈強制徴募隊〉の世紀;割当法から海軍大反乱へ;孤児を戦場へ)
  • 5 囲い込みと移民—帝国を形成する農民たち(ノヴァ・スコシア植民キャンペーン;海を渡ったヨークシア農民たち;「人民の一掃」)
  • 付録 「ジェントルマン資本主義」論と帝国形成—イギリス近代史の基本構造

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ