シュタイナー教育を語る : 気質と年齢に応じた教育

書誌事項

シュタイナー教育を語る : 気質と年齢に応じた教育

高橋巖著

(角川選書, 203)

角川書店, 1990.10

タイトル読み

シュタイナー キョウイク オ カタル : キシツ ト ネンレイ ニ オウジタ キョウイク

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

著者の講演を骨子として書き改めたもの

内容説明・目次

内容説明

今日ますます深刻化する教育の荒廃ぶりは、管理教育の行きづまりを露呈している。本書は、管理教育を排し、個々の人間に生きがいのある人生を求めてやまないシュタイナーの「教育芸術」を、子どもの成長過程に則して、あますところなく解説する。

目次

  • 1 零歳から7歳までの教育—幼児期の教育
  • 2 7歳から14歳までの教育—小、中学生の教育(教育における感情の役割;子どもの教育を考えるときに忘れてならないもの;歴史の教育;教育の芸術的意味)
  • 3 14歳から21歳までの教育—高校生の教育(教育における自我とアストラル体)
  • 4 21歳から28歳までの教育—第4・7年期の教育(教育における意識魂と悟性魂)
  • 5 母親の自己教育—生涯の教育(自己教育を考える)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ