コンピュータ物理の世界 : 三体問題からカオス、ソリトンまで

書誌事項

コンピュータ物理の世界 : 三体問題からカオス、ソリトンまで

神原武志 [ほか] 著

(ブルーバックス, B-849)

講談社, 1991.1

タイトル読み

コンピュータ ブツリ ノ セカイ : サンタイ モンダイ カラ カオス ソリトン マデ

大学図書館所蔵 件 / 169

注記

参考文献: p211-212

内容説明・目次

内容説明

本書では、コンピュータ物理の発見が新しいパラダイムを開いた例として、カオスとソリトンなどを、物理学の従来の常識をくつがえした例として、熱の均一化と液体が冷えて固まるメカニズムなどを紹介した。そしていま、この新しい学問が何を問らかにしようとしているのか、その最前線をわかりやすく解説した。

目次

  • 第1章 シミュレーション時代
  • 第2章 第3の物理学の誕生
  • 第3章 物理学にコンピュータはなぜ必要か
  • 第4章 コンピュータ物理の現況—どうつかわれ、何がわかったか
  • 第5章 コンピュータ物理の最前線
  • 付録(シミュレーションの方法;パソミンでできるプログラム)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN05725221
  • ISBN
    • 4061328492
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    212p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ