これからの「老い」 : 老化の心理学

書誌事項

これからの「老い」 : 老化の心理学

詫摩武俊著

(講談社現代新書, 1077)

講談社, 1991.11

タイトル別名

これからの老い : 老化の心理学

タイトル読み

コレカラ ノ オイ : ロウカ ノ シンリガク

大学図書館所蔵 件 / 141

内容説明・目次

内容説明

自分はいま人生の行程のどこにいるのか。「老人」にはまだ間があると思っていてもさまざまな老化のサインが送られている。それらをどう受容し、豊かな高齢期をどう準備するか。人生上の自己確認、子・孫に対する姿勢、楽しみの創造、ぼけの予防など、よりよい加齢のための提言。

目次

  • 1 日本の高齢者
  • 2 老性自覚
  • 3 加齢にともなう変化
  • 4 祖父母と孫
  • 5 心の健康な高齢期を迎えるために

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN06984848
  • ISBN
    • 406149077X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    201p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ