書誌事項

父の終焉日記 ; おらが春 : 他一篇

一茶 [著] ; 矢羽勝幸校注

(岩波文庫, 黄(30)-223-4)

岩波書店, 1992.1

タイトル読み

チチ ノ シュウエン ニッキ ; オラガハル : ホカ イッペン

大学図書館所蔵 件 / 179

注記

一茶年譜: p281-298

初句索引: p299-306

参考文献: p322-323

収録内容

  • 父の終焉日記
  • おらが春
  • 我春集

内容説明・目次

内容説明

たまたま帰省中の一茶は、父を急病で失い初七日を迎えることとなった。その三十余日間を、日記形式で綴った『父の終焉日記』。日々衰弱してゆく父の姿と遺産問題に端を発した継母・義弟との確執がなまなましく描かれている。他に、56歳でもうけた娘さとの誕生と死を主題にまとめた『おらが春』と、『我春集』を収める。

目次

  • 父の終焉日記
  • おらが春
  • 我春集

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN07102456
  • ISBN
    • 4003022343
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    323p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ