社会福祉専門職性の研究 : ソーシャルワーク史からのアプローチ : わが国での定着化をめざして

書誌事項

社会福祉専門職性の研究 : ソーシャルワーク史からのアプローチ : わが国での定着化をめざして

奥田いさよ著

川島書店, 1992.8

タイトル別名

社会福祉専門職性の研究 : ソーシャルワーク史からのアプローチ : わが国での定着化をめざして

タイトル読み

シャカイ フクシ センモンショクセイ ノ ケンキュウ : ソーシャル ワークシ カラノ アプローチ : ワガ クニ デノ テイチャクカ オ メザシテ

大学図書館所蔵 件 / 122

注記

文献等の注: 各章末

基礎文献一覧: p249

内容説明・目次

内容説明

本書において著者は、ソーシャルワークに内包される問題事象を多角的に分析し、その専門職性の強化のための方策を探り、学際的アプローチからわが国独自のソーシャルワークの理論・技術体系構築への新たな枠組みづくりをめざした。

目次

  • 序章 社会福祉における専門職業研究の意義と必要性
  • 第1章 科学、技術、職業、そしてソーシャルワーク
  • 第2章 ソーシャルワークの専門職業化の過程と技術の生成
  • 第3章 ソーシャルワークの専門職業としての位置づけ
  • 第4章 ソーシャルワークの専門職業化と専門分化
  • 第5章 ソーシャルワーク実践の総合化と共通基盤
  • 第6章 専門職業としてのソーシャルワークと職務分析
  • 第7章 ソーシャルワークにおける職務と役割
  • 第8章 ソーシャルワークの援助技術体系
  • 第9章 専門職業としてのソーシャルワークの技能

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ