書誌事項

モーツァルト : 音楽における天才の役割

H.C.ロビンズ・ランドン著 ; 石井宏訳

(中公新書, 1103)

中央公論社, 1992.11

タイトル別名

Mozart almanac

タイトル読み

モーツァルト : オンガク ニオケル テンサイ ノ ヤクワリ

大学図書館所蔵 件 / 211

注記

4版(2012.12)の出版者: 中央公論新社

内容説明・目次

内容説明

歿後200年を経た今、モーツァルトの功績を無視する者はいないが、世の天才の常として、その評価は、生存中から死後まで一定したものではなかった。しかし、価値観の変化に伴う毀誉褒貶はさて置き、彼は、音楽史の上にどれほどの貢献を行なったのか、また行なわなかったのか。本書は、政治状況、流通事情、人的関係、作曲のプロセスなどの多角的資料を整理して、モーツァルト像のエッセンスを新たに抽出しようとするものである。

目次

  • モーツァルトの生涯
  • モーツァルトの音楽の背景とヴァイオリン協奏曲
  • ザルツブルクのディヴェルティメントとセレナード
  • ザルツブルク時代の教会音楽と「ハ短調のミサ」
  • モーツァルトの時代のピアノ
  • 1779‐80年の教会音楽
  • モーツァルトの時代のウィーン
  • 〈後宮からの逃走〉に至る道
  • モーツァルトと室内楽
  • モーツァルトと協奏曲〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN08329887
  • ISBN
    • 9784121011039
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 224p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ