書誌事項

三十三年の夢

宮崎滔天著 ; 島田虔次, 近藤秀樹校注

(岩波文庫, 青(33)-122-1)

岩波書店, 1993.5

タイトル別名

三十三年の夢

タイトル読み

サンジュウサンネン ノ ユメ

大学図書館所蔵 件 / 218

注記

宮崎滔天年譜稿(抄): p459-467

内容説明・目次

内容説明

次兄弥蔵の中国革命論に共鳴した宮崎滔天(1871‐1922)は来日した孫文に初めて出会って以来熱烈にその支持者となり、私利私欲を度外視して中国革命支援のため東奔西走、東アジア各地を駆けめぐった。天真爛漫な明治のロマンティスト、革命家滔天の波瀾万丈の半生=33歳までを描いた自叙伝。資料を博搜、詳細で興趣溢れる注を付す。

目次

  • 半生夢さめて落花を思う
  • 故郷の山川
  • 余が家庭
  • 中学校および大江義塾
  • 自棄の卵の反動
  • 耶蘇教徒となる
  • 思想の変遷と初恋
  • 大方針定まる
  • 無寐の郷国に入る
  • 無為の四年間〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ