書誌事項

生体の調節

長野敬著

(生物科学入門コース / 丸山工作, 岩槻邦男, 石川統編, 4)

岩波書店, 1994.3

タイトル読み

セイタイ ノ チョウセツ

大学図書館所蔵 件 / 253

注記

文献: p179-181

索引: 巻末

内容説明・目次

内容説明

生物の体内では、さまざまな化学反応や各器官の機能がたくみに調節されて、複雑な生命現象が営まれている。この調節のメカニズムはどのようになっているのだろうか。本書は、生体の多様な調節機構に共通してみられるいくつかの基本原理を概観し、代謝、浸透圧、体温、呼吸と循環、神経系とホルモン、免疫、さらには生態系まで、さまざまなレベルでの調節の実際を具体的に解説する。

目次

  • 序章 物質・エネルギー・情報
  • 第1章 生体調節の基本機構
  • 第2章 代謝の調節
  • 第3章 内部環境の調節
  • 第4章 呼吸と循環の調節
  • 第5章 全身の調節系
  • 第6章 調節現象を見直す

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ