書誌事項

脳・神経系が行う情報処理とそのモデル

松本元, 大津展之共編

(脳とコンピュータ, 5)

培風館, 1994.3

タイトル読み

ノウ シンケイケイ ガ オコナウ ジョウホウ ショリ ト ソノ モデル

大学図書館所蔵 件 / 240

注記

執筆者: 松本元ほか

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

本巻では、脳科学の立場から心の理解がどこまでなされているかを概観し、脳の情報処理のアーキテクチャの理解を試みる。すなわち、視覚情報処理、記憶、推論、大脳皮質の神経回路、小脳の運動モデルなどの高次精神機能を解説する。

目次

  • 1 脳と心とコンピュータ—愛は脳を活性化し育てる
  • 2 眼球運動系と小脳のモデル
  • 3 視覚情報処理とそのモデル
  • 4 大脳皮質神経回路の自己組織化に対する数学的理論
  • 5 記憶とその脳モデル
  • 6 推論と学習
  • 付記 ヒト・チンパンジーにおける推論機能について—チンパンジーにおける刺激等価性の実験をめぐって

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN10520818
  • ISBN
    • 4563014257
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 238p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ