書誌事項

シェイクスピアの歴史劇

日本シェイクスピア協会編

研究社出版, 1994.3

タイトル別名

Shakespeare

タイトル読み

シェイクスピア ノ レキシゲキ

大学図書館所蔵 件 / 189

注記

参考文献: p269-274

内容説明・目次

内容説明

協会設立30周年を記念し、日本におけるシェイクスピア研究の成果を世に問う論集。大きく変わりつつあるシェイクスピア研究の現状を反映して、王権の概念、権力の表象、ジェンダー等をめぐるテクストの多義性の追求から旧歴史主義の再読まで、多様なアプローチによる、シェイクスピア歴史劇研究の現在を端的に示す論文集。

目次

  • シェイクスピアの出発—トールボットの死を巡って
  • 時代と歴史—『ヘンリー六世・第一部』のジャンヌ・ダルクを巡って
  • 『リチャード二世』とエセックス伯の反乱
  • 逆らうことば—『リチャード二世』のレトリックと意味
  • 『リチャード二世』—歪んだ史劇
  • 鏡の王と王の鑑
  • 『ヘンリー五世』—王権の構造
  • 『ヘンリー八世』の王座
  • “Truth Loves Open Dealing”—『ヘンリー八世』におけるもう一つの「真実」
  • ティリヤード再読—批評の地滑りの中で
  • 視線と権力—『ジュリアス・シーザー』のまなざし
  • 性の政治学・解釈の政治学—『アントニーとクレオパトラ』を読む
  • シェイクスピア史劇論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ