書誌事項

ダーウィン進化論の現在

E.マイアー著 ; 養老孟司訳

岩波書店, 1994.4

タイトル別名

One long argument : Charles Darwin and the genesis of modern evolutionary thought

Questions of science

タイトル読み

ダーウィン シンカロン ノ ゲンザイ

大学図書館所蔵 件 / 187

注記

原著(c1991)の翻訳

ダーウィンの肖像あり

文献: 巻末p1-11

内容説明・目次

内容説明

ダーウィンの学説はそれまでの支配的な世界観を打ち壊し、科学的自然観の基盤を据えた。以来、遺伝学を主とする生物学の進歩のなかで磨きあげられてきたが、その本質はいまだに誤解の波にさらされている。総合説で知られる現代進化論の第一人者が、ダーウィニズムの精髄を抽出し、現代的な展望の中でその意味を明らかにする。

目次

  • 第1章 ダーウィンとは
  • 第2章 創造主義者との対決—第一次ダーウィン革命
  • 第3章 種はいかにして生じるか
  • 第4章 五つのダーウィン説に対するイデオロギー的反対
  • 第5章 物理学者と哲学者とに対する闘い
  • 第6章 自然選択説へのダーウィンの歩み
  • 第7章 ダーウィニズムとはなにか
  • 第8章 「ソフトな」遺伝に対する「ハードな」まなざし—ネオダーウィニズム
  • 第9章 遺伝学者とナチュラリストは意見の一致に達する—第二次ダーウィン革命
  • 第10章 進化生物学の新しいフロンティア

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ