リヴァイアサン : 近代国家の思想と歴史

書誌事項

リヴァイアサン : 近代国家の思想と歴史

長尾龍一 [著]

(講談社学術文庫, [1140])

講談社, 1994.9

タイトル読み

リヴァイアサン : キンダイ コッカ ノ シソウ ト レキシ

大学図書館所蔵 件 / 186

内容説明・目次

内容説明

世界の部分秩序である国家を、「主権」という、唯一神の「全能」の類比概念によって性格づける国家論は、基本的に誤った思想であり、また帝国の「主権国家」への分裂は、世界秩序に責任をもつ政治主体の消去をもたらした、人類史上最大の誤りではないか…。ホッブズ、ケルゼン、シュミットという西欧の三人の思想家の「国家論」を基軸として、国家史の再構成を試みた画期的論考。

目次

  • 第1部 国家の概念と歴史
  • 第2部 近代国家の思想

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN11279903
  • ISBN
    • 4061591401
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    265p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ