シェイクスピアのイコノロジー

書誌事項

シェイクスピアのイコノロジー

岩崎宗治著

(南山大学学術叢書)

三省堂, 1994.12

タイトル別名

Shakespeare and Iconology

タイトル読み

シェイクスピア ノ イコノロジー

大学図書館所蔵 件 / 138

内容説明・目次

内容説明

シェイクスピア劇の舞台タブローが内包するリアリスティク=アレゴリカルという重層構造を、エリザベス朝のエンブレム・イコンを解読コードとして分析し、その圧倒的な視覚イメージの歴史文化的意味を探る。

目次

  • 1 シェイクスピア劇のイコノロジー(『リチャード三世』—〈歴史〉を動かすもの;『ロミオとジュリエット』の異教秘儀;『夏の夜の夢』—〈愛〉と〈貞潔〉のドラマ;『ヴェニスの商人』と〈幸福の寓意〉;ルネサンスの憂鬱—『ハムレット』の図像学 ほか)
  • 2 シェイクスピア劇と中世の伝統(シェイクスピアとイギリス中世演劇;劇的対立のイメージ—中世的とルネサンス的)
  • 3 シェイクスピア劇とルネサンスの詩学(詩と劇における予型論的想像力;モラリスト・シェイクスピア)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ