書誌事項

ソシュール言語学入門

フランソワーズ・ガデ著 ; 立川健二訳

新曜社, 1995.5

タイトル別名

Saussure, une science de la langue

タイトル読み

ソシュール ゲンゴガク ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 163

注記

原著第2版(Paris : Presses Universitaires de France, 1990)の完訳

書誌: p194-199

事項索引, 人名索引: p217-224

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

ソシュールは言語哲学者である前にまず、現代言語学を基礎づけた言語学者であった。思弁から具体へ。ソシュール理解に言語学的転回を画する書。

目次

  • 1 大家らしくなかった大家
  • 2 『講義』はいかにつくられたか
  • 3 記号
  • 4 システム
  • 5 対象
  • 6 メカニズム
  • 7 シニフィアンの戯れ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ