明治の外国武器商人 : 帝国海軍を増強したミュンター

書誌事項

明治の外国武器商人 : 帝国海軍を増強したミュンター

長島要一著

(中公新書, 1255)

中央公論社, 1995.7

タイトル読み

メイジ ノ ガイコク ブキ ショウニン : テイコク カイグン オ ゾウキョウシタ ミュンター

大学図書館所蔵 件 / 192

注記

バルタサー・ミュンターとその時代: p188-194

内容説明・目次

内容説明

デンマークの名門の牧師の家に生まれ、優れた海軍士官であったバルタサー・ミュンターだったが、軍上層部との対立もあって退役、その後アームストロング社の代理人となって来日し、帝国陸海軍との関係を深めていく。特に海軍には戦艦・武器を売り込むとともに、自らの海軍の知識と経験を生かして技術・操練指導を行ない、後の日清・日露戦争勝利の礎を築くことになる。なぜか滞日時代が謎に包まれている親日武器商人の実像に迫る。

目次

  • 序章 ミュンターの横顔
  • 第1章 国際人ミュンターの背景
  • 第2章 死の商人ミュンターの東洋体験(一八八七—九一)
  • 第3章 仕掛人ミュンターの根回し(一八九一—九四)
  • 第4章 武器商人ミュンターの活躍(一八九五—九八)
  • 終章 帰国後のミュンター

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ