反ユダヤ主義 : 世紀末ウィーンの政治と文化

書誌事項

反ユダヤ主義 : 世紀末ウィーンの政治と文化

村山雅人著

(講談社選書メチエ, 54)

講談社, 1995.8

タイトル別名

反ユダヤ主義

タイトル読み

ハンユダヤ シュギ : セイキマツ ウィーン ノ セイジ ト ブンカ

大学図書館所蔵 件 / 203

注記

参考文献:p248-253

世紀末ウィーン年表:p254-257

内容説明・目次

内容説明

十九世紀末、遅れてきた自由主義と多民族国家の都、ウィーン。西欧社会への同化を望み、巨万の富を蓄えて急激に擡頭したユダヤ人に、排斥の矛先が集中した。同化人を敵視するドイツ民族主義、ユダヤ人を除外した社会主義運動、カトリックやプロテスタントとの宗教問題、同化系と東方系にわかれたユダヤ人同士の相克…。政治・民族・宗教、すべての問題は、なぜ「反ユダヤ主義」を軸に展開されたのか。複雑な彩りをみせた世紀末ウィーンの政治と文化に新たな光をあてた力作。

目次

  • 第1章 ユダヤ人の擡頭
  • 第2章 反ユダヤ主義勢力
  • 第3章 人種論への萌芽
  • 第4章 世紀末文化の彩り
  • 第5章 脱信仰の科学者—フロイト
  • 第6章 過渡期の音楽家—マーラー
  • 第7章 文化的アナーキスト—クラウス

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ