民族はなぜ殺し合うのか : 新ナショナリズム6つの旅

書誌事項

民族はなぜ殺し合うのか : 新ナショナリズム6つの旅

マイケル・イグナティエフ著 ; 幸田敦子訳

河出書房新社, 1996.3

タイトル別名

Blood and belonging : journeys into the new nationalism

民族はなぜ殺し合うのか : 新ナショナリズム6つの旅

タイトル読み

ミンゾク ワ ナゼ コロシアウ ノカ : シン ナショナリズム 6ツ ノ タビ

大学図書館所蔵 件 / 220

内容説明・目次

内容説明

殺人を正当化し、美化する民族主義とは。この旅を通してコスモポリタンである作家の世界観は無残に崩れ去った。冷戦後に出現した民族間の絶望的な争いの地を訪れ、あるがままを綴った出色の報告書。

目次

  • 序 最後の避難所
  • 第1章 クロアチアとセルビア
  • 第2章 ドイツ
  • 第3章 ウクライナ
  • 第4章 ケベック
  • 第5章 クルディスタン(クルド人の土地)
  • 第6章 北アイルランド

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14140069
  • ISBN
    • 9784309202587
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    363p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ