英語になったニッポン小説

書誌事項

英語になったニッポン小説

青山南著

集英社, 1996.3

タイトル読み

エイゴ ニ ナッタ ニッポン ショウセツ

大学図書館所蔵 件 / 150

内容説明・目次

内容説明

吉本ばなな『キッチン』、村上春樹『象の消滅』、島田雅彦『夢使い』などなど、ニッポンの今を伝える小説の英訳版と原作を対比させ、タテ・ヨコ・ナナメは当たり前、翻訳事情の神髄に迫る究極のウラ目読みをも織りまぜて、彼我の文化の違い、読まれ方のずれなどを、玄妙自在、軽妙洒脱に解き明かした世界初、完璧ユニークな書。翻訳家志望者にも超おすすめ。

目次

  • 1 吉本ばななの『キッチン』
  • 2 村上龍の『69』
  • 3 小林恭二の『迷宮生活』
  • 4 李良枝の『由煕』
  • 5 高橋源一郎の『虹の彼方に』
  • 6 津島佑子の『山を走る女』
  • 7 村上春樹の『象の消滅』
  • 8 島田雅彦の『夢使い』
  • 9 金井美恵子の『兎』
  • 10 椎名誠の『岳物語』
  • 11 山田詠美の『トラッシュ』

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ