近視を治す : 正しい検眼から最新の矯正手術まで

書誌事項

近視を治す : 正しい検眼から最新の矯正手術まで

坪田一男著

(ブルーバックス, B-1130)

講談社, 1996.7

タイトル読み

キンシ オ ナオス : タダシイ ケンガン カラ サイシン ノ キョウセイ シュジュツ マデ

大学図書館所蔵 件 / 177

注記

参考文献: p198-199

内容説明・目次

内容説明

日本人の半数近くが近視だという。それなのに、正しく矯正できている人はその三パーセントに過ぎない。しかも近視は、現代社会に目が適応した結果で、これからますます増えていくという見方もある。そこで近視治療の三つの道を徹底的に紹介しよう。実績のあるメガネ、コンタクトで矯正するか、それとも多少のリスクはあっても、レーザーを使った最新の角膜切開手術で根本的に治すか—それぞれの利点や考えられる副作用を、第一線の臨床眼科医が解説する。

目次

  • 第1章 目とはどんな器官か
  • 第2章 近視とはどんな目か
  • 第3章 近視を矯正する
  • 第4章 近視を治す手術
  • 第5章 近視手術は受けるべきか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14736648
  • ISBN
    • 4062571307
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    205p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ