書誌事項

すまう : 住行動の心理学

中島義明, 大野隆造編

(人間行動学講座, 第3巻)

朝倉書店, 1996.9

タイトル読み

スマウ : ジュウコウドウ ノ シンリガク

大学図書館所蔵 件 / 380

注記

執筆者: 中島義明ほか

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

本書は、さまざまな空間スケールと時間レンジ、そして異なるライフステージにおける環境と人間の心理・行動について、最新の知見と理論を広く紹介している。これによって環境デザインの専門家には、ユーザーに対する定型的な人間像から脱して人間行動についての理解を深め、またユーザー側の読者には、自分たちの与えられた環境を単にうまく住みこなすためだけでなく、環境のデザインに対して積極的に関与する手がかりを示している。

目次

  • 序論 住の人間行動学
  • 第1章 空間体験の諸相—多感覚の環境知覚
  • 第2章 小空間に住む—そのエコロジー
  • 第3章 室内に住む—視環境のアメニティ
  • 第4章 室内に住む—音環境のアメニティ
  • 第5章 室内に住む—熱環境のアメニティ
  • 第6章 集まって住む
  • 第7章 街に住む—わかりやすさと街の構造
  • 第8章 コミュニティに住む—社会教育環境と人間
  • 第9章 建物と避難行動
  • 第10章 子どもの発達と住環境
  • 第11章 高齢者の住生活活動
  • 第12章 近未来社会に住む—ニューメディアと情報生活

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ