トゲウオのいる川 : 淡水の生態系を守る

書誌事項

トゲウオのいる川 : 淡水の生態系を守る

森誠一著

(中公新書, 1365)

中央公論社, 1997.6

タイトル読み

トゲウオ ノ イル カワ : タンスイ ノ セイタイケイ オ マモル

大学図書館所蔵 件 / 248

内容説明・目次

内容説明

ダムや堰によって水の循環体系が人工化され、地勢と歴史に応じた個性をもつ川が護岸によって画一化して、人間は豊かな川辺環境から遠ざかりつつある。イトヨ、ハリヨ、トミヨなどトゲウオの仲間も繁殖地を失い、絶滅の危機に瀕している。小さな淡水魚を守り、多様な環境と生物相を維持することはふるさとの水文化を守ることにつながる。トゲウオ類の研究と保護活動を継続してきた著者が、地域住民主体の活動の広がりと可能性を説く。

目次

  • はじめに ハリヨとの「出会い」から
  • 第1章 ハリヨという魚
  • 第2章 ハリヨ、イトヨ、トミヨの今
  • 第3章 蘇水の思想を培うために
  • おわりに 川への一考

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA31084734
  • ISBN
    • 4121013654
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 206p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ