書誌事項

恥の心理学 : 傷つく自己

M・ルイス著 ; 遠藤利彦, 上淵寿, 坂上裕子訳

ミネルヴァ書房, 1997.11

タイトル別名

Shame : the exposed self

タイトル読み

ハジ ノ シンリガク : キズツク ジコ

大学図書館所蔵 件 / 246

注記

監訳: 高橋惠子

奥付の訳者: 高橋惠子他

文献: p321-340

原著ペーパーバック版 (New York : Free Press, 1995) の全訳

内容説明・目次

内容説明

本書は、恥という人間の情動の典型をとりあげて、自己意識的情動の発達を述べた。単に自己意識的情動の理論を述べるに止まらず、恥を含めた自己意識的情動が人間の社会的一情動的生活にいかに影響しているか、さらに、恥が文化によっていかに異なるかについてまで、広く議論を展開することになった。本書では情動生活についての普遍的な特徴を述べている。だが、人類の共通性を認めるとしても、情動の社会化、表現、注目のされ方に文化的な違いがあることを、文化的差異の分析や研究は明らかにしている。

目次

  • 第1章 日常生活の恥
  • 第2章 情動生活
  • 第3章 自己とその発達
  • 第4章 自己についての思考と恥
  • 第5章 恥の起源
  • 第6章 恥の社会化:親から子へ
  • 第7章 感情への反応:感じられる恥と感じられない恥
  • 第8章 恥への慢性的反応:屈辱、抑うつ、激怒
  • 第9章 自己の病理:自己愛と多重人格
  • 第10章 恥の個人差と夫婦間の恥
  • 第11章 烙印
  • 第12章 さまざまな時代、文化・社会における恥

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA33183497
  • ISBN
    • 4623028070
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    7, 353p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ