書誌事項

運動科学

室増男著

理工学社, 1999.3

タイトル別名

Science of exercise

タイトル読み

ウンドウ カガク

大学図書館所蔵 件 / 186

注記

引用・参考文献: p[243]-250

内容説明・目次

内容説明

運動科学とは、運動の発現・制御と代謝性調節、力学的効率といった現象を、生理学・生化学・力学など多方面から考察する学問である。健康の保持・増進や運動リハビリテーション、競技スポーツに関する研究の需要が高まるなか、人間の身体運動に力点をおいた、これら運動科学に関連する研究はますます盛んになってきている。本書は、生体の運動機能の研究を専門としてきた著者が、長年の講義体験を生かし、運動科学の基礎的な知識をわかりやすくまとめたものである。体育学・看護学・栄養学・人間科学・工学系の学生の教科書、運動・体育指導、リハビリ、看護、健康管理に携わる方々への参考書として好適。

目次

  • 1章 運動科学の役割と関心
  • 2章 運動の本質的要素
  • 3章 運動の持続性要素
  • 4章 運動のバイオメカニックス
  • 5章 運動機能とその潜在能力
  • 6章 疲労
  • 7章 成長・発達・老化と運動
  • 8章 スポーツトレーニングの理論とその活用
  • 9章 健康と体力づくりの理論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA40793884
  • ISBN
    • 4844557068
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 258p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ