国連とNGO : 市民参加の歴史と課題

書誌事項

国連とNGO : 市民参加の歴史と課題

馬橋憲男著

(中部大学学術叢書)

有信堂高文社, 1999.11

タイトル別名

NGOs at United Nations expanded roles, but unimproved status

タイトル読み

コクレン ト NGO : シミン サンカ ノ レキシ ト カダイ

大学図書館所蔵 件 / 235

注記

著者の博士論文『国連経済社会理事会NGO協議制度とアドホック世界会議の関連性をめぐる一考察』 (名古屋大学) をもとにまとめたもの

引用・参考文献: p211-221

欧文タイトルはカバージャケットによる

内容説明・目次

内容説明

人権・環境など地球公益にとりくむ国連の、影の主役NGO!地球市民政治の実現にむけて—日本のあり方を問う。

目次

  • 序章 地球政治の民主化にむけて
  • 第1章 国連経済社会理事会NGO協議制度の誕生
  • 第2章 東西対立の激化と南の台頭
  • 第3章 経済社会理事会とNGO協議制度の低迷
  • 第4章 世界会議とNGO
  • 第5章 NGOの見えざる貢献
  • 第6章 冷戦の終焉とNGO協議制度の改定
  • 第7章 NGOの総会参加問題のその後
  • 終章 21世紀の国連—地球市民フォーラムへ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA44180140
  • ISBN
    • 4842055359
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 226p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ