ロビンソン変形譚小史 : 物語の漂流

書誌事項

ロビンソン変形譚小史 : 物語の漂流

岩尾龍太郎 [著]

(みすずライブラリー)

みすず書房, 2000.3

タイトル読み

ロビンソン ヘンケイタン ショウシ : モノガタリ ノ ヒョウリュウ

大学図書館所蔵 件 / 147

注記

文献: p207-217

内容説明・目次

内容説明

1719年に世に現れたダニエル・デフォーの『ロビンソン・クルーソー』は、数々の翻訳・模倣・簡略・改造版を生んできた。その数は優に千を超える。18世紀前半の直接的模倣譚から『スイスのロビンソン』など教育的ロビンソンの時代、『宝島』に代表される19世紀の冒険ロマン的ロビンソン、そして『ピーターパン』に始まる20世紀の寓意的あるいは反ロビンソンまで、著者は時代の観念装置を見据えつつ、個々の作品群の細部に入り込んでゆく。西欧の植民地主義から国民国家形成、そしてポストコロニアルと呼ばれる現代の時空間を舞台に展開される本書は、物語の漂流についての一つの物語である。

目次

  • 序章 ロビンソン変形譚前史
  • 第1章 ロビンソン変形譚第一期(1720‐1762)—直接的模倣(逃避型恋愛冒険)譚
  • 第2章 ロビンソン変形譚第二期(1762‐1812)—教育的ロビンソン
  • 第3章 ロビンソン変形譚第三期(1812‐1904)—冒険ロマン的ロビンソン
  • 第4章 ロビンソン変形譚第四期(1904‐現代)—寓意的あるいは反ロビンソン
  • 終章 放談と展望

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ