書誌事項

文明の衝突から対話へ

山内昌之著

(岩波現代文庫, 学術 ; 18)

岩波書店, 2000.5

タイトル読み

ブンメイ ノ ショウトツ カラ タイワ エ

大学図書館所蔵 件 / 178

注記

『帝国の終末論 : 文明と衝突のパラダイム』(新潮社,1996)に新稿を加え新たに編集したもの

内容説明・目次

内容説明

チェチェン紛争をこれほどに破壊的なものにさせた要因とは何か、西欧が脅威視する「イスラーム原理主義」とは何なのか、移民・難民がもたらす摩擦に各国はどう対応してきたのか…。現在も絶えることのない紛争と衝突の深層を歴史の文脈から読み解き、文明の衝突から対話へという遠大なテーマを解く糸口を照らし出す。

目次

  • 第1章 終わりなき紛争—チェチェンとロシア
  • 第2章 ロシアとチェチェン戦争—カフカースと中央アジアのイスラーム・ネットワーク
  • 第3章 爛熟した文明の隙間で—オウム真理教の終末論
  • 第4章 終わりの始まり—イスラーム原理主義の挑戦
  • 第5章 “白い海”の終末論—帝国とコスモポリタニズムの終焉
  • 第6章 日本において民族とは—アイヌ新法考
  • 第7章 新たなる民族関係へ—移民と難民のナショナリズム

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4653373X
  • ISBN
    • 4006000189
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxi, 296p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ