反抗する文学 : プラトンからデリダまでの哲学を敵として

書誌事項

反抗する文学 : プラトンからデリダまでの哲学を敵として

マーク・エドマンドソン [著] ; 浅野敏夫訳

(叢書・ウニベルシタス, 682)

法政大学出版局, 2000.6

タイトル別名

Literature against philosophy, Plato to Derrida : a defence of poetry

タイトル読み

ハンコウ スル ブンガク : プラトン カラ デリダ マデノ テツガク オ テキ トシテ

大学図書館所蔵 件 / 183

注記

原著 (New York : Cambridge University Press, 1995) の全訳

内容説明・目次

内容説明

文学なんぞなくなってしまえ—そういう願いから西欧の文学批評は始まった。プラトンからデリダに至るその系譜を批判して詩を擁護する。

目次

  • 序論—古代の論難ひとつ
  • 第1章 死角のレトリック—コールリッジからド・マンまで
  • 第2章 現前に逆らう理論装置
  • 第3章 現実の歴史
  • 第4章 フーコー株式会社
  • 第5章 影響のもとに

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4726761X
  • ISBN
    • 4588006827
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 388, 9p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ