書誌事項

歴史的環境の社会学

片桐新自編 ; 吉兼秀夫 [ほか] 著

(シリーズ環境社会学 / 鳥越皓之企画編集, 3)

新曜社, 2000.10

タイトル読み

レキシテキ カンキョウ ノ シャカイガク

大学図書館所蔵 件 / 306

注記

写真資料・ガイドブック案内: p245

入手しやすい基本文献: p249-252

内容説明・目次

内容説明

町並みや景観、文化遺産や民俗芸能、戦争遺跡や墓地・霊園。私たちの歴史的環境を保存することの大切さとむずかしさを考える。

目次

  • 第1章 歴史的環境へのアプローチ
  • 第2章 遺跡保存と住民生活—明日香村の古都保存
  • 第3章 歴史都市と景観問題—「京都らしさ」へのまなざし
  • 第4章 港町の活性化と保存—鞆の浦を対象にして
  • 第5章 運河保存と観光開発—小樽における都市の思想
  • 第6章 伝統文化の説明—郡上おどりの保存をめぐって
  • 第7章 メディアとナショナル・トラスト—「トトロのふるさと財団」と記号的消費
  • 第8章 展望台という景観—近代都市と「高さ」
  • 第9章 負の歴史的遺産の保存—戦争・核・公害の記憶
  • 第10章 社会の記憶としての墓・霊園—「死者たち」はどう扱われてきたか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ