書誌事項

日本人のひるめし

酒井伸雄著

(中公新書, 1579)

中央公論新社, 2001.3

タイトル読み

ニホンジン ノ ヒルメシ

大学図書館所蔵 件 / 275

注記

参考文献: p204-212

内容説明・目次

内容説明

ビジネスマンの心のオアシス「ひるめし」。昼食に何を食べるか、どこで食べるかは悩ましい問題である。生活に密着したひるめしだが、その歴史は意外に新しい。多くの日本人が昼食をとるようになったのは江戸以降でしかない。弁当の発達やすし、そば切りの誕生、文明開化後のカレーライスや戦後の給食の普及によって、現在のようなバラエティ豊かなものとなった。その歴史をひもとき、新たな「ひるめし」を探す旅に出よう。

目次

  • 第1章 「ひるめし」の誕生
  • 第2章 弁当の移り変わり
  • 第3章 給食と食生活への影響
  • 第4章 外食の発達
  • 第5章 「ひるめし」と麺類
  • 第6章 国民食のカレーライス
  • 終章 「ひるめし」の行方

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA51277366
  • ISBN
    • 4121015797
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 212p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ