食べ物としての動物たち : 牛、豚、鶏たちが美味しい食材になるまで

書誌事項

食べ物としての動物たち : 牛、豚、鶏たちが美味しい食材になるまで

伊藤宏著

(ブルーバックス, B-1341)

講談社, 2001.8

タイトル読み

タベモノ トシテノ ドウブツ タチ : ウシ ブタ ニワトリ タチ ガ オイシイ ショクザイ ニ ナル マデ

大学図書館所蔵 件 / 283

注記

参考図書・参考資料: p264-265

内容説明・目次

内容説明

極上の霜降り肉はどうやって作られるのか。ブロイラーはどんな一生をおくるのか。肉豚は何カ月で食べ頃になるのか。人間の飽くなき欲求に翻弄され、過酷ともいえる大仕事を強いられている家畜たちの物語。

目次

  • 豚(肉に命をかける豚)
  • 鶏(産卵鶏という名の機械;食べるために作られたブロイラー)
  • 牛(霜降り肉を作る黒毛和種という牛;牛はなぜそんなに乳を出すのか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA53108687
  • ISBN
    • 4062573415
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    267, iiip
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ