ヒトゲノムの光と影 : 五人の研究者との対話

書誌事項

ヒトゲノムの光と影 : 五人の研究者との対話

佐伯洋子著 ; 武部啓監修

(ポピュラーサイエンス, 236)

裳華房, 2001.8

タイトル読み

ヒトゲノム ノ ヒカリ ト カゲ : ゴニン ノ ケンキュウシャ トノ タイワ

大学図書館所蔵 件 / 262

注記

第2版[刷]は2002年3月発行

内容説明・目次

内容説明

本書は、ヒトゲノム解析問題について、日本から外国を客観的にみると共に、外国と日本の違いを明確に示し、さらに一般市民の視点まで加えた本である。

目次

  • プロローグ ヒトゲノム解析研究はシューズを履いてスタートラインに立つ
  • 1章 ゲノム情報から新しい薬をつくる—カーリー・ステファソン博士(アイスランド、デコード・ジェネティクス社代表取締役社長)
  • 2章 人は遺伝子のみにて創られているのか?—アイナール・アルナソン博士(アイスランド、非政府組織・マンバーント代表)
  • 3章 保険会社は遺伝子産業の主役になるか?—フランツ・ジョゼフ・ワール氏(欧州保険委員会本部長)
  • 4章 医療のニューウェーブ—ウォルター・ボドマー卿(オックスフォード大学ハートフォード校学長)
  • 5章 遺伝子診断ってどんなもの?—福嶋義光医学博士(信州大学医学部附属病院遺伝子診療部長)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ