ニューヨーク知識人の源流 : 1930年代の政治と文学

書誌事項

ニューヨーク知識人の源流 : 1930年代の政治と文学

秋元秀紀著

彩流社, 2001.10

タイトル読み

ニューヨーク チシキジン ノ ゲンリュウ : 1930ネンダイ ノ セイジ ト ブンガク

大学図書館所蔵 件 / 160

注記

引証文献: p397-404

内容説明・目次

内容説明

アメリカにおける最初の「知識人」—モダニズムと反スターリニズムを原点に、ヨーロッパ文化の導入に努めたニューヨーク知識人グループの創成期を、政治文芸誌『パーチザン・レヴュー』の歩みを通して描き出す。

目次

  • 序章 三〇年代から四〇年代へ
  • 第1章 一九三九年、白鳥の歌
  • 第2章 一九三七年の異端—『パーティザン・レヴュー』グループの誕生
  • 第3章 第一次『パーティザン・レヴュー』の生と死—一九三四‐一九三七
  • 第4章 第二次『パーティザン・レヴュー』の出発—「二つのM」と文化英雄たち
  • 第5章 一九三八年秋の転機—三〇年代の終焉に向けて
  • 第6章 「かくして、一九四〇年代の夜明けは訪れる…」—失われた幻想と回心
  • 補章 幻想からの回復期—グランヴィル・ヒックスの八月二二日以後

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ