書誌事項

運動と循環 : 研究の現状と課題

加賀谷淳子, 中村好男編著

ナップ, 2001.10

タイトル別名

Regulation of blood flow during exercise : present and future

タイトル読み

ウンドウ ト ジュンカン : ケンキュウ ノ ゲンジョウ ト カダイ

大学図書館所蔵 件 / 169

注記

文献: 各節末

内容説明・目次

内容説明

本書は、運動時の血液循環の仕組みに興味をもった研究者の指針となることを意図して構成されたものである。

目次

  • 序章 運動時の循環調節メカニズム—研究の意義と視点
  • 1 運動時循環調節の研究法(運動時の末梢循環調節研究法;運動時の筋血流研究法;指先容積微分脈派を用いた抹消循環研究;近赤外線分光法を用いた筋の代謝と循環の研究法;心拍変動を用いた自律神経活動の評価法;循環応答を用いた体力評価法)
  • 2 運動時の循環調節メカニズム研究の現状と課題(運動時の血流調節メカニズム;運動のパフォーマンスと循環調節との関連;酸素輸送係としての呼吸循環調節;筋の代謝と循環系との関連;加齢およびトレーニングに伴う血管系の変化)
  • 3 運動時循環調節研究の展望

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ